『元気な100歳 自力で食べる!』をテーマに今後も進化を続けていきます 。

 
 







URL
http://fis-inc.biz/ibuki/



















































当院では歯並びの矯正を希望される方には『床矯正』 と『専門医矯正』 の2つのラインで対応しています。

1)違いは?
   床矯正 専門医矯正
対象年齢

成人への対応

概ねの費用

装置

主目的
5歳〜10歳

可能

比較的安価(総額30万程度以下)

取り外しできる装置が主体

顎の拡大と早期の叢生解消緩和
(主として)11歳以上

主として、小学校高学年〜成人対象

高額(50万以上)を要する場合が多い

主として固定式装置

完成された歯列を目指す
もう一つ、『アンカーピン矯正』(インプラント矯正)も行なっています。これは、骨にピンを打ち込んで行なう部分矯正です。専門医矯正と併用で行なうことも可能です(後述)。
2)簡単な説明

@床矯正

*床矯正は取り外しができるので、歯ブラシがしやすいです。
 但し、1日10時間以上の装着が必要です。
*完璧な歯並びを目指すものではありません。
 当座の叢生を緩和し、将来の専門医矯正につなげるという役目もあります。
*当院では院長と歯科衛生士が中心で行ないます。
 時折、専門医に相談する場合もあります。



A専門医矯正

*専門医が行なう矯正です。主にワイヤーを使い、細かく歯を動かします。
*固定式なので歯ブラシがしにくく、口腔内清掃は専門家の管理下になります。
*床矯正か専門医矯正かで迷う場合もありますが、充分な相談で対応しています。





Bアンカーピン矯正(インプラント矯正)

*簡単な外科で、骨にアンカーピンを打ち込みます。
 骨の量が充分な部分である事が必要です。
 症例によってはCT撮影を要しますが、基本的には平易な方法です。


全ての内容は院長の自筆によるものです


Copyright 2015 Ibuki Dental Clinic All rights reserved.